「神経科学と哲学」に着手

Neuroscience and Phillosophy:Brain, Mind, and Language
Maxwell Bennet, Daniel Dennet, Peter Hacker, Johan Searle
With an Introduction and Conclusion by Daniel Robinson
Colombia University Press New York 2007

「神経生物学と哲学:脳、心、言語」、マックスウェル・ベネット、ダニエル・デネット、ジョン・サール、ダニエル・ロビンソン(序・結論)コロンビア大学出版2007

に着手しました。この本は、マックス・ベネット、ピーター・ハッカー『神経科学の哲学的基礎』2003に関する、2005年のアメリカ哲学協会のシンポジウムの報告と、オリジナルの本の批判の対象となったデネットとサールの回答を本にまとめたものです。サールの部分だけ着手してましたが、全体をやることにしました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中